メイクをすればするほど美肌になります

私はずっとスッピンで過ごすことが多くて、朝、顔を洗わないような日もありました。夜、寝る前だけ顔を洗うことも多々ありました。そういう時の肌の状態というのは悪くて、久しぶりにメイクをしても、ファンデーションのノリが悪くて、肌状態が悪いことがすぐにわかるような感じになるのです。
それが、最近、アルバイトを始めて、週の半分はメイクをするようになって、それから肌の状態がすごく良くなりました。
メイクをするとクレンジングでメイクオフをして洗顔石鹸で顔を洗い、そのあと、化粧水、クリームを塗って、こまめに手入れをするようになりました。
肌は無精をしていると、どんどん劣化してしまうようです。
メイクをすると、自然とスキンケアーに力が入って、メイクのノリがいいととってもいい気分になれます。
お化粧水はコットンに取って、パタパタと叩き込むようにして使います。クリームもよくなじませます。美容液も使うとかなり違うのでしょうが、今は使っていません。
肌の状態がいいと健康的に見えて魅力的になれます。
スキンケアーに時間をかけられなくても、化粧水をつけてクリームを塗るのには2?3分あればできます。それほど時間に負担がかかるわけではないのです。黒ずみ毛穴は皮脂がたまったものだと思っていませんか。実は毛穴にたまっているのはタンパク質が大部分を占めています。タンパク質成分が70%で皮脂は30%ほどなのです。タンパク質は洗顔料で溶かすことができないので、いくら一生懸命に洗顔料で洗っても黒ずみ毛穴を解消することは難しいです。
黒ずみ毛穴解消のために取り入れたいケアがピーリングや酵素洗顔です。AHAやサリチル酸を配合した石けんや酵素洗顔料で洗います。これらにはタンパク質を柔らかくする働きがあり、たまったタンパク質を落としてくれます。
ピーリング石けんや酵素洗顔料で洗うときは、こすらないように気をつけてください。こすると肌が傷ついてバリア機能が低下します。肌の力が低下すると、外部刺激から守るために角質が厚くなり、毛穴に汚れがたまりやすくなります。よく泡立てて、泡をころがすように洗いましょう。
ピーリングや酵素洗顔を頻繁に行うと肌の力が低下して乾燥してしまうので、週に1~2回までにします。
洗顔後は保湿をしてください。保湿をして肌を保護するとともに、水分と油分のバランスを整えます。肌が潤うことで肌の生まれ変わりが整い、古い角質が蓄積しにくくなり、黒ずみ毛穴ができにくい状態に近づきます。

TOPへ